思い出の城ヶ島ユースホステル

神奈川県三浦市の城ヶ島にかつて城ヶ島ユースホステルが存在していた。
1962年に開館し、40年間城ケ島観光の拠点として親しまれてきた。
1970年代は年間1万人以上が利用した。
レジャーの多様化などで利用者が減少し、2001年度は年間4千人台にまで落ち込んでいた。
県営の為、施設の老朽化が進みさらに夏場以外の利用者がほとんどおらず、採算が合わなくなっていたことが閉館の理由だ。


城ヶ島ユースホステル

所長:樫村富造
スタッフ:坂田、黒津
〒238-0237
神奈川県三浦市三崎町城ヶ島121

城ヶ島大橋を渡るとそこは城ヶ島 渡ってすぐを右に入り坂を上ると左に看板が 左に曲がると城ヶ島ユースが見えた
今日は大勢のお客さんでにぎわっている外観 ユースの入口。金魚がたくさんいました
玄関を入ると事務室が右側 事務室内
城ヶ島ユースの生活時間 城ヶ島ユース配置図 左には食堂があります
ユースホステル最終日前々日から前日にかけては常連客や地元市民によるパーティーが、
前日から当日にかけてはボランティアでユースを支えてきた日大理工学部ユースホステルクラブがパーティーを開き、ユースホステル最後を見送った。
様々な出会い、思い出を私たちにくれた城ヶ島ユースホステル。

ありがとう、そしてさようなら...

2003年8月31日閉館
205号室 ホールに書かれた最後の言葉
2003年9月28日撮影 2005年3月21日撮影

TOPへ

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO